お墓の施工実績

メモリアル石材で施工させていただきました、お墓の写真をご紹介いたします。多数の施工事例から抜粋した一例です。お墓のご建立に際して、サイズ変更やオプション施工などご参考になれば幸いです。

お墓の施工実績1

<施工実績>

・耐震棒1本とL字金具で耐震施工(※標準施工)
・間口を縮小、奥行きを拡張
・屏風両サイドに擬宝珠柱を追加
・塔婆立①と墓誌①、ロウソク立てを一対追加
・香炉の形状を変更し、角置き灯篭一対を門柱上に設置
・敷石に鳳凰の彫刻、門柱に家紋彫刻を追加
・敷石にビシャン加工(滑り止め)※無料

施工地:岩手県
寸法:間口142cm×奥行217cm
墓石:A-110W30-06『銀鈴』
石材:石塔・外柵共に「インドYKD」を使用

親柱の上に角起き灯篭を設置し、ロウソク立てた塔婆立て・墓誌を追加。


●お施主様のご要望を伺いながら、墓石デザインにこだわってご建立いたしました。


●鉄筋を組み上げコンクリートを流し込みます。


●要所をL字金具にて連結し、強度を高めています。


●敷石には鳳凰の彫刻を施しています。


●和型の場合、耐震棒を1本使用します。

お墓の施工実績2

<施工実績>

・耐震棒2本とL字金具で耐震施工(※標準施工)
・間口を拡張
・花立&香炉を一体化
・旧墓石の解体&撤去

施工地:静岡県
寸法:外柵の間口100cm×奥行100cm
墓石:A-50Y08-02『シリウス』
石材:石塔・外柵共に「G623」を使用

お墓新設時の解体&撤去も承ります。低コストにてお応えいたします。


●旧墓石の解体&撤去の後に、新規墓石をご建立いたしました。


●旧墓石を解体&撤去いたしました。


●新しく基礎を再構築し、新しいお墓をしっかりと支えます。


●洋型の場合、耐震棒を2本使用します。


●お骨が土に反る様に地面と繋がる場所を造作。

お墓の施工実績3

<施工実績>

・耐震棒2本とL字金具で耐震施工(※標準施工)
・間口を拡張
・敷石にビシャン加工(滑り止め)※無料
・北海道地域は、凍結深度を考慮して
 基礎の深さを通常よりも深く60cm取ってあります。

施工地:北海道
寸法:間口247cm×奥行237cm
墓石:A-110Y40-16『シグマ』
石材:名板&墓誌などに「G654」
   外柵にAG-98を使用

デザイン系の墓石もお任せください。オリジナルデザインも承ります。


●お施主様のご要望を伺いながら、墓石デザインにこだわってご建立いたしまた。


●鉄筋を組み上げコンクリートを流し込みます。


●要所をL字金具にて連結し、強度を高めています。


●L字金具で外柵をしっかりと連結します。


●外柵を図面に沿って組み上げていきます。


●洋型を図面に沿って組み上げていきます。

お墓の施工実績4

<施工実績>

・9寸和型石塔
・耐震棒1本で耐震施工(※標準施工)
・石塔のみご建立※外柵は既設
・既設外柵内に、鉄筋コンクリートにて基礎を造作
・ロウソク立てと台座を一対追加

施工地:大阪府
寸法:外柵の間口210cm×奥行210cm
墓石:A-090W30-KOB『神楽』
石材:石塔・外柵共に「G614」を使用
   ※外柵は既設

関西型にもご対応可能です。大阪と兵庫にも弊社の実店舗がございます。


●神戸型の墓石にロウソク立てを追加し、既設の外柵の上にご建立いたしました。


●鉄筋を強固に組み上げ、基礎を構築します。


●丸い筒は排水用の穴を造作しています。


●芝台中央には穴があり、納骨堂と繋がります。


●和型の場合、耐震棒を1本使用します。

お墓の施工実績5

<施工実績>

・耐震棒1本とL字金具で耐震施工(※標準施工)
・間口を拡張し、奥行きを縮小
・ロウソク立てと台座を一対追加

施工地:岐阜県
寸法:間口118cm×奥行118cm
墓石:A-070W12-06『面影』
石材:石塔・外柵共に「G654」を使用

基本形の和型墓石。日本の伝統美を感じる、均整の取れた美しい意匠です。


●間口を拡張し奥行を縮小。香炉の両サイドにロウソク立てを追加しました。


●鉄筋を敷設した後に、コンクリートを流し込みます。


●コンクリート基礎の上に根石を敷き、L字金具で固定


●竿石の背面には、ご建立者名、側面には、戒名と俗名、没年月日、享年を彫刻しまう。


●和型の場合、耐震棒を1本使用します。樹脂接着剤との合わせ技で強固に接着いたします。上台には、家紋の彫刻を入れています。

お墓の施工実績6

<施工実績>

・耐震棒2本とL字金具で耐震施工(※標準施工)
・カタログに掲載の内容でご建立

施工地:徳島県
寸法:外柵の間口150cm×奥行200cm
墓石:A-050W30-01A『オリオン』
石材:石塔・外柵共に「G623」を使用

一番人気の洋型墓石。背の高さを抑えたお手入れのし易すさも特徴です。


●カタログに掲載のサイズにて変更なく、ご建立いたしました。


●クレーンを使用して、慎重に墓石を組み上げていきます。 その際水平器を使用して歪みが出ない様に施工します。石材の連結には、L字金具と樹脂接着剤を用います。樹脂接着剤は柔軟性があり、地震の揺れを吸収する役割を持っています。


●手前の縁石にもL字金具を使用します。


●中央の空間が納骨を収める納骨堂になります。


●上台を設置中。石塔を組み上げています。


●洋型の場合、耐震棒を2本使用します。

お墓の施工実績7

<施工実績>

・耐震棒2本とL字金具で耐震施工(※標準施工)
・間口を拡張し、納骨堂両脇に玉砂利を追加で敷設
・霊園既定の土台に基礎を構築し、墓石を組み上げ
・脇石に家紋を追加彫刻
・花立香炉を一体化

施工地:茨城県
寸法:間口120cm×奥行120cm
墓石:A-050Y12-01『リゲル』
石材:石塔・外柵共に「G654」を使用

霊園の規定に合わせて間口を拡張。左右の脇石に家紋彫刻を施しました。


●霊園の規定に合わせてリサイズを行い、既設の土台上にご建立いたしました。


●しっかりと地固めを行った後に鉄筋を敷設し、コンクリートを流し込みます。


●洋型の場合、耐震棒を2本使用します。


●納骨堂の両脇をL字金具で固定。


●水平器を使い正確に石材を配置しながら、カローラ部分の組み上げを進めていきます。

お墓の施工実績8

<施工実績>

・奥行きのみ縮小
・耐震棒2本、L字金具で耐震施工(※標準施工)
・納骨堂を地下落とし込みタイプでご建立
・旧墓石の解体&撤去

施工地:茨城県
寸法:外柵の間口100cm×奥行150cm
墓石:A-050Y20-03A『パルサー』
石材:石塔に「G654」、外柵に「G688」を使用

霊園の規定に合わせて間口を拡張。左右の脇石に家紋彫刻を施しました。


●旧墓石を撤去後に基礎を築き、ご建立いたしました。


●和型の旧墓石を解体&撤去させていただきました。なるべく費用がかからない様にお見積りいたしますので、ご希望がございましたら、現地と墓石のお写真をご送付ください。


●地下800mmまで掘削し石室を建造。地上にも納骨堂を敷設。


●基礎を規定通りに敷設。


●納骨堂の周囲に外柵を設置しています。


●外冊を設置後、芝台に上台を設置


●洋型の場合、耐震棒を2本使用します。

お墓の施工実績9

<施工実績>

・間口を拡張し、奥行きを縮小
・耐震棒2本、L字金具で耐震施工(※標準施工)
・間口を拡張した為、カロート脇に玉砂利を敷設
・敷石にビシャン加工(滑り止め)※無料

施工地:茨城県
寸法:外柵の間口170cm×奥行182cm
墓石:A-050Y20-03A『パルサー』
石材:石塔に「G654」、外柵に「G603」を使用

外柵の縮小も拡大も思いのままです。施主様のご要望にお応えいたします。


●間口を拡張し奥行を縮小。基礎に対してマージンを取り、ご建立いたしました。


●美しく組み上がった石塔部分、ステンレ ス器具は全てサービスで付属しています。


●最も重い竿石を慎重に耐震棒へ導きま す。樹脂接着剤で強固に固定します。


●基礎が入る分を掘り下げ、圧力をかけて地固めを行った後、鉄筋を敷設しコンクリートを流し込みます。


●クレーンを使用し、慎重且つ正確に石材を配置しながら、カロート部分の組み上げを進めていきます。


●地震の揺れで石材の連結が歪まない様に、L字金具で石材同士を連結しています。

お墓の施工実績10

<施工実績>

・間口を拡張し、奥行きを縮小
・耐震棒2本、L字金具で耐震施工(※標準施工)
・洋型塔婆立を追加※オプション施工
・敷石にビシャン加工(滑り止め)※無料

施工地:福島県
寸法:外柵の間口210cm×奥行240cm
墓石:A-110Y40-16『シグマ』
石材:名板・墓誌・敷石などに「インペリアルレッド」
その他の部材に「G663」を使用

ご使用になる石材の組み合わせで、仕上がりの印象が大きく変わります。


●神戸型の墓石にロウソク立てを追加し、既設の外柵の上にご建立いたしました。


●整地を行い、圧力をかけて地固めを行います。格子状に鉄筋を組み、コンクリートを流し込みます。


●鉄筋を強固に組み上げ、基礎を構築します。


●L字金具を用いて、外柵を頑強に組み上げます。


●納骨堂内は砂を敷くケースが多いです。


●洋型の場合、耐震棒を2本使用します。